会員制ビジネスモデルのジレンマ・・・

おつかれさまです。

ブレイナーズの小林です。

毎月継続的に、そして安定的に収入を得るベストな方法の1つとして会員制ビジネスモデルがあります。

毎月コツコツとメンバーを積み増すことで離脱があったとしても毎月入る会費が増えてゆくことは魅力的です。

このビジネスモデルには最低でも2つのジレンマがあります。

1つ目は倶楽部をはじめた当初、まだメンバーが少ないので場合によっては入ってくる会費より維持・管理費が上回ることです。

多くのマーケターがこの時期を辛抱できずに会員制ビジネスモデルを放棄しています。

2つ目のジレンマは、大きな経済的環境の変化なので一気に退会者が減り、これまで安定的に入ってきていた月額会費が大きく減少するときです。

言い換えれば、お勤めしていて毎月当たり前のように入ってきていた給料が突然半額になってしまったような事態です。

多くのマーケターがパニックに陥りあれやこれやに手を出して折角構築した会員制ビジネスモデルを破壊してしまいます。

この2つのジレンマは会員制ビジネスモデルを採用したことのある人なら誰でも経験することでしょう。

では、このジレンマのマイナス影響を最小化するにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えは複数あると思いますが、最も合理的な解決策の1つは・・・

場外売り場を設置することです。

つまり、あなたがメンバーに毎月提供するコンテンツを単品としてメンバー以外の人に会費より割高な価格で販売する体制を構築することです。

特に現在のような経済環境の中ではメンバーとなり毎月エンドレスに会費を徴収されることに腰が引ける人が多い中で、スポット的な購入なら心理的な抵抗が低くなります。

メリットとしては・・・

会費以外の売上をメンバーへ提供するコンテンツと同一のものを使って生み出すことができます。

次に、見込み客にあなたの倶楽部のコンテンツを体験していただくことができます。お金をもらいながら体験していただくことができます。

3番目に、あなたのメンバーの視点かれ言えば、メンバーであることで割安な価格でコンテンツを受け取ることができているということを確信することができます。

いかがでしょうか?

場外売り場で販売する商品は場内(メンバーエリア)と同一のコンテンツであることは見逃せません。

同じ商品を異なる切り口で販売することができるのです。

これはとても合理的だと思いませんか?

場外売り場としてはこれがお奨めです・・・

http://braineriprojectoutlet.com/?p=9

 

お楽しみください!

小林正寿

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です