変化は健全なことです。わたしは決まり切った日常を拒否します。

毎日決まったように日は昇り沈むことを知っていますが、新しい夜明けとともに変化への巨大な可能性がもたらされることも知っています。どんな一日も前の日とは確実に異なるのです。

同じように、わたしの人生も決まり切ったように見えても、わたしが望むあらゆる変化を実現する可能性がそこにあることを理解しています。

わたしのマインドとスピリットにとって毎日決まったように変化することは健全です。変化はわたしのマインドを研ぎ澄ましスピリットに活力を満たし続けるのです。わたしが明けても暮れても同じ仕事をしなければならないときでさえ、わたしは異なる方法でそれらの仕事を達成することで轍にはまることを避けることができます。

例えば、わたしの自宅での雑用さえわたしの選択した順番でいかようにも行うことができます。時にはダンスをしながら、そして別の時には歌を口ずさみながら雑用をします。時々クラシックミュージックやロックミュージックを聞きながら・・・

何も考える必要のない雑用でさえわたしのゴール達成の手助けとなるアイディや行動計画を練るチャンスとして捉えることができます。

決まり切った日常に立ち往生して停滞しているのはわたしがそれを許しているからに過ぎないことを理解しています。平凡な日常をワクワクさせるのは簡単なことです・・・速やかに行動を採れば良いのです!

日常が退屈に感じられるときにはテレビを観る代わりに知識を拡充する選択肢を採ることができます。新しい趣味を習う、新しいスキルを練習する、これらの冒険リストは続きます。これらの小さな変化は新たな情熱をかきたてさらなる満足感へのドアを開いてくれるのです。

今日、わたしはいままでとは異なる視点で日常を過ごします。わたしは喜んで自分自身を変え、今まで見落としてきたどんなに小さなチャンスも掴み取ることができます。

自分自身への質問:

1. わたしの日常に埋没しているように感じますか?

2. 変化するためにどのような行動を採ることができますか?

3. 次のお休みの日にどのようなワクワクする冒険を計画することができますか?

 

ありがとうございました。

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です