希少性の原則をご存知ですか?

おつかれさまです。

ブレイナーズの小林です。

あなたのマーケティング活動に希少性を取り入れていますか?

直視しましょう:ときとして希少性はわたしたちにとって決断を下す手助けとなるため必要とされています。

わたしたち人間の性として、重要な決断を先送りする傾向を持っています。また、感が過ぎて今日下すべき決断を明日に持ち越してしまします。

希少性は先送りを許さず今すぐ行動をとるよう強制する力があります。なぜなら、目前にあるまたとないオファーを購入するか否かじっくり考えている内にオファーが終了し撤去されてしまえば二度と目にすることができないからです。

実際、そのオファーを見逃しても日々の雑務に追われるうちにそのことを忘れてしまうことでしょう。見逃すべきでないオファーを見逃したことに危機感を感じることもなくなってしまいます。結果として大きな損害を受けるリスクがあります。

希少性を演出することで緊急性を持たせることができます。常に決断することのできない見込み客に対して時間の利益を排除することで決断を下す手助けをすることができます。

あなたは EASY DEAL BUILDER を活用することでパワフルな希少性スタイルのオファーを簡単・迅速に作成することができます。

希少性を演出するにはあなたのマーケティングキャンペーンまたはセールスファンネル全体を視野に入れ整合性をとることが重要です。

1: 有効期限

すべての希少性ベースのオファーにおいては有効期限を明確に表示する必要があります。あなたの見込み客があなたのオファーには期限があり、その期限を超える前に決断しなければならないと理解する必要があります。

わたしたちは日々締め切り日に従って仕事をしています。個人的な事柄であろうと締め切りを守りながら生活をしています。毎月に支払いもそうですね。毎月の支払いに締切日がなければお金を支払う人はいないでしょう。

2: 制限(スペース・アクセス・席・数量・時間など)

あなたの見込み客に対して特定のオファーを購入しようと検討している多くの人がいると感じさせることができれば、彼らは他の人に先を越されないよう速やかに行動、つまりあなたのオファーを購入するでしょう。

あなたの目の前に残り3つしか商品がないのに、その商品を購入しようとする人たちが50人もいたら誰でも焦るでしょう。

3: 潜在的な失うという可能性

人は他の人が持っているものを欲しがるものです。人は仲間外れになることに恐怖を感じます。だから、あなたのオファーに失うことへの恐怖を演出すれば、彼らは迷わず行動するでしょう。

あなたの見込み客に対して今すぐ行動すれば得ることのできる事柄だけではなく、彼らが今すぐ行動しなかった場合に失う事柄についても明確に訴求してください。

4: 禁止&限定

これらは潜在的な失うという可能性とかかわりが深いですが、さらに強力なものです。一定の時間を限定して数量やその他の要因で制限を加えることができれば、あなたの見込み客に対して今すぐ注文しないとなくなっちゃうよと言っているのに等しい効果があるでしょう。

この戦術は日々不動産ビジネスで用いられています。

あなたが夢のマイホームをある地域で購入しようと検討しているとき、既にその地域で同じスペックの住宅がすべて10日間程度で売れてしまったと不動産屋さんに告げられたら?

今すぐその住宅を契約しなければ夢が消え失せてしまうという恐怖に駆られて契約を急いでしまいます。もしかしたら、嘘かもしれないと思っても抗しきれないでしょう。

THE UNIT から提供される EASY DEAL BUILDER には3種類の希少性ツールが実装されており、すべて全自動で制御されています。

1) 日時ベースのディール

2) 数量ベースのディール

3) エバーグリーン全自動ディール

あなたは3種類の希少性ディールをスイッチを入れ替えるように簡単に切り替えることができます。あなたのオファーに最も効果のあるディールを短時間に発見することができるでしょう。

EASY DEAL BUILDER にインポートできるディールファイル第1号は本日納品となります。

お急ぎください!

EDBDE

THE UNIT 

 

お楽しみください!

小林正寿

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です